アドセンスはスポンサードリンクもスポンサーリンクもラベルOK!?

こんにちは、

子育てパパのシュナです!

 

今日はGoogleアドセンス広告につける

正しいラベル表記に関して

見て行きたいと思います。

 

スポンサーリンク?

スポンサードリンク?

”どっちが正しいの問題”

解決しますよw

 

では早速見ていこうと思います。

そもそもGoogleの公式発表は?

まずはそこをチェックですよね。

 

ということで、

Googleアドセンスの

『広告の配置に関するポリシー』

見てみるとこのように明言されています。

AdSense のポリシーでは、「関連情報」や「関連リンク」といった誤解を招く見出しの下に広告を配置することは禁止されています。Google 広告のラベルには、「広告」または「スポンサーリンク」のみを使用するようお願いいたします。

引用:AdSense ヘルプ

 

はっきりと

・スポンサーリンク

・広告

この二つのラベル表記のみオッケー

明記されています。

 

じゃあ

この二つ以外使っちゃダメ!

で終わりじゃないの?

と思うのですがそうでもないのです。

 

ちなみに、過去には、

・スポンサードリンク

・Sponsored Links

などもみなさん使われていました。

 

実際に私もこの二つを

ずっと使い続けてきましたし

今なお使ってる運営サイトもあります。

 

しかし、これが原因で

警告が来たことは一度もありません。

『スポンサードリンク』の表記はOK?

で、ですね、次は

『Google AdSenseプログラムポリシーガイドブック』

を見てください。

 

この4ページ目にはっきりと、

『スポンサードリンク』の表記でOK!

と書かれていますよね?

 

ということで、

『スポンサードリンク』

大丈夫なことが分かりました。

 

あとは、『Sponsored Links』

についてなんですが、

これについては日本語の文面では

確かな情報はありませんでした。

 

ただ一部、アドセンスサポートに

ラベル表記について質問したら

『Sponsored Links』はポリシー違反になる旨の

返事が来た!という情報があります。

 

ということで、

ここは日本ですし

『Sponsored Links』はやめておきましょうか。

アドセンスのスポンサーリンク表示方法!不必要の場合もある?

 

まとめ

今日はGoogleアドセンスの

ラベル表記に関して調べてみました!

 

アドセンスポリシーもかなり厳しいので

神経質になるところ。

 

ですが、このラベル表記に関しては、

・スポンサーリンク

・スポンサードリンク

・広告

のどれを使ってもいいということが

分かりました。

 

今後新しく取得した広告設置される方は、

・スポンサーリンク

・広告

この二つのどちらかを使えば尚良しかな

といったところです。

 

間違っても、

・関連情報

・関連リンク

などは使わないようにしてくださいね!

 

今日も最後まで読んでいただいて

ありがとうございました!

*メールアドレス
*お名前(姓)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です