nendとadsenseの併用時の注意点!ポリシー違反に気をつけろ!

こんにちは、

子育てパパのシュナです!

 

2017年の2月にGoogleアドセンスが

大きなバグを起こし、

突然世界中かなりの数の

アドセンス広告が非表示になりました。

 

まぁびっくりしましたねw

 

私もおもいっきり被害を受け、

毎日サポートチームに問い合わせましたが

結局復旧に時間がかかり

かなりの損失が出ました。

 

その時に機会損失を少しだけ

カバーしてくれたのが『nend』でした。

 

なので個人的に

かなり感謝していますw

 

ということで、今日は

nendとadsense広告は併用可能か?

 

さらにもし可能なら

併用するときの注意点!

なども見て行きたいと思います!

 

では早速見てみましょう!

nendとadsenseは併用可能?

これについては

単純明快、『可能』ですね。

 

ちなみにnendは

スマホ専用の広告配信サービスなので

PCビューでは広告が出せないところに

広告を設置できます。

 

これが最大のメリットを産むわけですが、

使い方としては、

Googleアドセンスで禁止されている

ファーストビューに1つ設置するのが

無難かなぁと思います。

 

私も実際ファーストビューに

小さなnend広告を設置してる

サイトがあるのですが、

さほど多くはありませんが、

ちゃんと収益が発生しています。

 

もちろんこの収益が本来、

アドセンスをクリックしてくれる

はずの人の収益だとしたら、

nendのクリック単価は9円なので

損してることになります。

 

ちなみにnend広告は

ファーストビューに一個だけ!

と言ったのは、

アドセンス広告を今まで通り設置して

さらにnend広告をいくつも貼り付けたら

広告過多になって、

相当見辛いサイトになるのは確定だからです。

 

クリック単価自体も明らかに

アドセンスの方が優秀なので、

基本的にはアドセンスを使いましょう。

 

あくまでnendは、本来収益が

発生しないはずだった部分を

取りにいくイメージでいいと思います。

 

お小遣い稼ぎに一個か二個

設置するのが懸命かなぁと思います。

併用する上での注意点!

ここ結構大事です。

 

アドセンス広告はとにかく

広告コードを貼っておけばいいわけですが、

nendはGoogleアドセンスポリシーを

理解して広告配信をしてくれません。

 

どういうことかと言いますと、

アダルト系や性に関するものでも

ガンガン広告表示されちゃうよ、

ってことです。

 

もっと率直にいうと、

nendで配信された広告自体が

Googleアドセンスポリシーに引っかかる

可能性があるよ!ってことです。

 

なので、【広告枠の管理】で

ポリシー違反になりそうなカテゴリは

配信をブロックしておかなければなりません。

 

手順はまずログインして、

【広告枠の管理】【広告枠】をクリック!

 

そして、出て来た広告の中から、

該当する広告を選んで【ブロック】をクリック!

 

そして、以下の画像のように

ブロックしたい広告カテゴリをチェックする!

作業はこれだけです。

 

収益をあげるためにnend使って

ポリシー違反になったら本末転倒なので

絶対にこの”ブロック設定”は

忘れずにしておいてくださいね!

Googleアドセンス広告代用としてnendや忍者AdMax,Criteoは使えるか実践!

 

まとめ

今日はスマホ専用の広告配信サービス

『nend』と『アドセンス』が併用可

などを見て来ました。

 

実際に併用して使っている

私の個人的な見解では、

併用するとしても

アドセンスが設置できない

ファーストビューに一個設置!

くらいがいいかなと思います。

 

くれぐれも報酬のことばかり考えて

ユーザーが読みやすい環境づくりをお忘れなく!

 

本日も最後まで読んでいただいて

ありがとうございました!

*メールアドレス
*お名前(姓)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です