手足口病(大人)の初期症状(喉の痛みや痒み)!うつる経路など実録日記!

こんにちは、

子育てパパのシュナです!

 

ちょっと久しぶりの更新となってしまいました。

というのも、

東京での勉強会に参加したりと

忙しくしていたのはあったのですが、

なんと娘がかかった手足口病が

私にも移ってしまいまして

40度の熱にうなされておりました。

 

大人がかかることはそう多くないのですが

現に私がかかっていますし、

本気でこれ、かかると日常生活にかなり

支障をきたすのでみなさん気をつけてください。

 

ということで、

今日は『実録!手足口病にかかるまで、

そして闘病生活!』ということで

備忘録、そして自身への戒めとして

状況を綴っていきます。

大人もうつる?経路や発症するまでの時間は?

もう分かってると思いますが

確実に思いっきりうつります!

この記事を執筆してる今も

わたくしは絶賛手足口病中ですし、

私自身、娘からうつったから確実な情報です。

 

ということで今回の私の場合の経路は、

1歳3ヶ月の娘から、ということになります。

 

簡単に私が発症するまでの流れをご説明すると、

娘が手足口病の一番初めの症状である

高熱を出した日を1日目とします。

 

私はその日から丸二日間(1日目、2日目)

ほぼ付きっきりで看病をしました。

2日目には病院につれていき

高熱は一気に下がることになります。

 

そして高熱が出て3日目に

手足、そして舌に発疹が出てきて

手足口病が確定しました。

 

その1日目と2日目の48時間の間、

看病とスキマを見ては仕事!

といった具合で、

私の睡眠時間は2日で2.3時間といった感じでした。

猛烈な睡眠不足ですね。

 

そして4日目も5時間弱の睡眠で

勉強会に参加し朝まで仲間と

ビジネスの話をして帰って来たわけです。

 

とりあえず家に着く頃には

悪寒がしておりガタガタ震えながら寝て

お昼に起きたらすでに40度でした。

まぁ体感としては、

朝家に着いた時点で40度だったと思います。

 

ということで、

娘の発熱から5日目の朝には

私も高熱が出ている流れです。

 

では次に初期症状について

もう少し詳しく見てみましょう。

初期症状は?(30代中盤男性の場合)

これは娘とほぼ同じなのですが、

急激に高熱が出ます。

 

それも38度とかではなく

40度レベルの高熱です。

私の場合は両手が痺れ始め

首を起こすこともできなくなり

コップの水を飲むことができず

妻にストローをさしてもらい

なんとか流し込むという状況でした。

 

さすがに40度熱があると

病院にいけませんでした。

なにせ立ち上がれませんから。

 

この時の症状としては

・手足の痺れ

・悪寒

・頭痛

が主なものでした。

この段階では一切発疹は出ません。

 

その後応急処置でロキソニンを飲むと

信じられないほどの汗が出て

一気に7度台まで2度ほど熱が下がりました。

 

ここまでくるとアイスとかなら

食べられるようになります。

そして娘と全く同じ流れで

高熱が出た次の日に病院にいきます。

 

で、この辺りから

喉の痛みを感じ始めます。

 

まだ突然の発熱は続き、キツいですが

8度ちょっとくらいで止まってくれます。

そして先生の診断では

まだ発疹が出てないから手足口病とは判断できない。

ただ、喉がポツポツとして赤くなっている、とのこと。

 

まぁこの時点で自分としては、

あぁ終わったって感じでしたね笑

 

初期症状としてはこんなところです。

治療法は?

で、病院から帰ってからは、

本当にみるみるうちに発疹が出て来ます。

 

指先を中心に口の中、舌、

足の甲や裏、太もも、ひざなどなど

あらゆるところです。

 

そして、一番キツいのは喉の痛みです。

わかりやすくいうと、

喉の周りに口内炎が等間隔で

10個くらいできてる感じです。

 

想像つくと思うのですが

唾液はもちろんスープも食べ物も

何を喉に流し込むにも

めちゃくちゃしみますし痛いです。

 

特に熱いものや唐辛子系は

やめておいた方がいいです。

比較的冷たいものはいけるので

ウィダーインゼリーなどがおすすめです。

 

で、治療法ですが、

私が診てもらった先生曰く

治療法はなく対症療法とのことで

病院には来なくていいと言われました。

 

とにかく痒いので

抗ヒスタミン剤である”レスタミン”錠剤

飲むのですがこの薬を飲むと

強烈な睡魔に襲われます。

 

仕事してる方や運転してる方は

服用しない方がいいです、

というより服用しないでください。

 

そこで、自宅でできる対症療法は

新レスタミン軟膏を塗る事です。

私にはそこそこ効いてくれました!

やらないよりはやった方いい、という範疇ですが。

 

 

ということでここまで医学が進んだこの時代でも

効果テキメンな治療法はございません。

で、結局どうすればいいの?

ここまで読んでいただければ分かると思いますが

私の場合、かなりの睡眠不足の日々を続けた状態

勉強会や食事会に出席しています。

 

相当免疫が落ちた状態だったわけです。

これあと、年齢が20代だったら

結果は違ったかなと思います。

 

ということで、

手足口病はしっかり普段から

睡眠や食事を取っていれば

大人はそこまで心配する必要はありません。

 

今現在もシャンプーの蓋さえ

開けるのに苦労していますし、

足の裏が痛くて外出は全くできません。

 

みなさんもこうならないために

普段からしっかり睡眠と食事をとって

免疫を上げておいてくださいね!

 

これが結局、最善であり唯一の対策です!

 

まとめ

今日のまとめはただ一つ、

自分の体力を過信するな!

です笑

 

特に若い子はどんな時でも

「大丈夫っすよ〜〜!」

と言って誘ってくれますが、

自分の体力が厳しい時は

強い心を持ってお誘いもお断りしましょう。

 

もちろん私の場合も完全に自己責任ですが

今回の一件で3日は完全に潰れました。

ネットビジネスをやっていて

3日間がっつり休むって辛いですよ。

 

こんなに楽しいビジネスを3日もできずに

対照的な痛みと痒みと戦うんですから。

 

ちなみにあと1週間は続くようなので

毎日たくさんメールを頂いてるのですが

返信が遅れても今回ばかりはご容赦ください。

 

ということで、

今日は全くビジネスの話ではなく

日頃の健康管理の重要性についてでした。

 

みなさんがいつまでも健康でありますように。

*メールアドレス
*お名前(姓)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です