AMP表示ページPVをGoogleアナリティクスでカウント(計測)する方法!

こんにちは、

子育てパパのシュナです!

 

最近よく

Googleアナリティクスの数値と

jetpackの数字が

かけ離れてるんですけど!

という質問を受けます^ ^

 

なので今日は

その質問に応えていきますね!

 

なぜ数字に乖離が発生する?

Googleアナリティクスとjetpack、

そしてGoogleアドセンスでも

多少数字が違うのは問題ありません。

 

計測の仕方にちょっとした違いがあるので

ぴったり同じにはなりません。

しかし何倍も違う!とかになると

明らかにどちらかが正しく計測されていません。

 

そこでよくあるのが

AMPで表示された時のPV数が

カウントされていない!

という状況です。

 

なので今日はAMP表示されたページの

PV数もしっかり計測させる方法を解説します。

 

超絶簡単なのでびっくりしないでくださいね^ ^

「AMP表示ページ」のカンタン計測方法!

まだサイトがAMP対応になってない方は

まずはWPプラグインの

『AMP for WordPress』をダウンロードしてください。

 

そして有効化すると

左サイドバーに『AMP』と表示が現れます。

クリックすると『Analytics』と表示されるので

クリックします。

 

次の画面で

『Type:』のところに『googleanalytics』

そして

『JSON Configuration:』のところに

{
  "vars": {
    "account": "UA-XXXXX-Y"
  },
  "triggers": {
    "trackPageview": {
      "on": "visible",
      "request": "pageview"
    }
  }
}

と入力します。

※『UA-XXXXXX-Y』の部分は

ご自身のアカウントコードを入れて下さい!

 

最後に『Save』をクリックして

これにて作業終了です。

 

ここまで完了したら次に計測できているか、

確認しておきましょう!

計測できているかの確認!

Googleアナリティクスにログインして

該当アカウントの

『レポート』→『リアルタイム』→『概要』と進みます。

そこの『上位のアクティブページ』一覧の中に

『/amp』が表示されていれば

AMPページもちゃんと計測されています^ ^

 

とっても簡単でしたね!

 

関連記事 アドセンスとアナリティクスを連携(リンク)して関連付ける方法!

 

まとめ

今日はAMP表示されてるときの

PV数を計測するやり方の解説でした!

 

今後もしサイト売却や情報発信を考えているなら

アナリティクスの数値は大きな武器となりますので

しっかり計測漏れのないようにしておきましょう!

 

まだ設定されておらず

AMPページの計測ができていない方は

必ずこれを機に設定しておいてくださいね^ ^

 

では本日も最後まで読んでいただいて

ありがとうございました!

*メールアドレス
*お名前(姓)

*メールアドレス
*お名前(姓)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です