依存体質な人の特徴!ママ友や女性に見られる原因や対策とは?

こんにちは、

子育てパパのシュナです!

 

私はかれこれ15年ほど

ママさんバレーのコーチングをしています。

 

なので普段から、

”ママ友”とは少し違いますが、

子育て世代の主婦の方と接する機会が

非常に多いです。

 

そして我が家は子育て真っ最中なので、

ママ友もパパ友も多いです。

 

経験ある方もいると思うのですが、

こういった人間関係の中で、

よくあるのが依存体質!の方が

周りを振り回すっていう事例です。

 

その対象にされた方は結構キツイです。

 

ということで、

今日は依存体質について、

特徴や原因・対策などを見てみたいと思います!

依存体質の人の特徴!

私の周りに一人、

”ママ友”ではないのですが

かなり重度の依存体質の友人がいます。

 

その人の特徴は、

 

・初めて出会った人への愛情表現がハンパない

・一度受け入れられた後の甘え方がハンパない

・お酒が大好きで飲酒量がハンパない

・ギャンブル好きもハンパない

 

あげるとキリがないのですが、

こんな感じです。

 

ターゲットにされた人が

とても優しい人だった場合、

その要求全てに答えてくれますよね。

 

そうすると底なし沼のように

とことん依存して甘えるため、

最後にはターゲットにされた人は、

全ての栄養とエネルギーを吸い取られて

ダメになってしまいます。

 

そうすると、

彼は次の新しい依存対象を見つけ

そちらに依存して生きていきます。

 

その様はまるで遊牧民です。

 

で、結果ある程度の期間

付き合いのある人間からは

総スカンを食らっています。

 

では、”ママ友”の場合は、

どんな特徴があるのでしょうか。

 

私の妻に聞いた

依存体質の”ママ友”の話によると

こんなことがあるそうです。

 

・昼夜問わず常に電話やLINEで連絡がくる。

・距離を縮めてくるスピードが異常に早い。

・子供の習い事にあとからマネして入ってくる。

・子供をやたらと預けてくる(自分は預かってくれない)。

 

全部猛烈にイヤですねw

 

子育て世代にママさんたちは

結構経験があることがあったのでは

ないでしょうか?

 

ではなぜこういう依存って

起きてしまうのでしょうか?

原因や対策は?

さて、

そもそもなぜ”依存”してしまうのか。

 

高校生の頃の恋愛なんて、

みんな盛大に依存し合ってましたよねw

 

この人しかいない!

と思い込んでいましたw

 

ある意味幸せですが、

ある意味危険な状態ですよね。

 

ちなみに、

依存について詳しい医師の見解では、

原因の多くは、

辛い時ことから解放された経験を

過大評価してしまう!

ことだそうです。

 

なので、例えば

一人ぼっちでずっと寂しかった人に

やっと念願の友達が出来たとします。

 

すると、

寂しさという辛さから解放されたために、

【その友達といる時だけ辛さを忘れられる!】

という錯覚に陥ってしまう、

といった具合ですね。

 

もちろんママ友にだって

頼られるのは嬉しいことです。

 

ただ”あなたしかいない”と、

過度に依存されるのはキツいです。

 

では、

その対策や治し方は何かあるのでしょうか?

 

ということで

先出の医師の見解では、

・依存対象が見えないように距離を置く

・新しい”楽しい”を見つける

などが有効とのこと。

 

誰かに依存されて辛いパターンもあれば、

自分が「何かに依存しないと生きていけない。。」と

思っているパターンもしんどいですよね。

 

自分が依存体質かも、という方は、

依存対象から距離をおき、

それ以外に楽しいことを見つけるようにしてみましょう!

まとめ

今日はいつものネットビジネスからは

離れた話題について考えてみました。

 

ただこの”依存体質”は、

ビジネスをやる上においても

非常に危険な体質であることは確実です。

 

みなさんそれぞれの立場・人間関係があります。

 

ママ友同士や会社の上司と部下、

そして部活の先輩後輩などなど。

 

いずれにせよ、

互いに依存するのはよくありません。

 

もしかしたら自分もそうかも、

と思った方は少し視野を広げて

楽しいものを探してみるのもいいかもしれませんね!

 

ということで、

今日も最後まで読んでいただいて

ありがとうございました!

*メールアドレス
*お名前(姓)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です