ブログ記事外注ライターに逃げられない(辞められない)極意!

こんにちは、

子育てパパのシュナです!

 

日々ネットビジネスに

携わっていると、

”あぁ、また外注さんに逃げられた!”

という声をたまに聞きます。

 

そして、

逃げられる人は何回外注ライターさんを

雇っても繰り返し逃げられます。

 

ちなみに、

私は今のところ、

契約の途中で外注ライターさんが

いなくなるという経験は一度もありません。

 

そんな私の、

外注ライターさんとの付き合い方

今日はお話ししたいと思います!

 

では早速見てみましょう!

逃げられない具体的な付き合い方

一度も外注さんに逃げられたことがない

私の実例をお話ししますね。

 

ということで、

現在私のブログ運営を助けてくれている

外注さんとの出会いは

全部クラウドワークスです。

 

最近お遅ればせながら

シュフティの存在を知ったので、

今後『子育て系』や『主婦向け』のサイトを

立ち上げる時は使わせてもらおうかなと思っています。

 

で、まずは募集の時ですが、

始めから高い報酬額を見せつけて、

ガンガン優秀なライターさんを確保するのも

いいと思います、資金があるなら。

 

しかし、

まだネットからの収入が安定してない時期には

クライアント側としても

そこそこの出費となります。

 

なので、募集要項には

『初心者歓迎!』にして、

単価を安めに設定しておきます。

 

それでもちょっと前のように

1記事1000文字で

100円とか150円では集まりません。

 

私の体感ではさすがに、

1000文字なら300円くらいに

設定した方がいいかなと思います。

 

そして、

応募してくださった方には、

”コピペ記事あげてきたらその時だけは許しません!”

という旨を伝え、

サンプル記事をあげてもらいます。

 

そして、

その出来栄えがまぁまぁオッケーだったら

実際に始めの仕事を振って

1単位(20記事なら20記事)やってもらいます。

 

そして、

その後すぐに記事単価を50円あげます。

 

こうすることで、

単価って実際に上がるんだ!

ということを知ってもらいます。

 

またワンクールやってもらって、

慣れてきたらまた50円あげます。

 

さらにワードプレスに

直接書き込めるようになったらまた50円。

 

そうやって

ライターさんのやる気スイッチを

押し続けます。

 

そして、

記事単価を3回くらい上げて

450円くらいになったら、

次に、文字数別で記事単価を変えます。

 

例えば

・1500文字 600円

・2000文字 800円

・2500文字 1000円

・3000文字 1200円

みたいな感じで。

 

そうすると徐々にですが、

実際に使える長くて濃い記事を

書いてくれるようになります。

 

 

そして始めから3000文字の記事作成を

募集するよりも結果安く

仕事をしてくれることになります。

 

私が実際に外注さんに

お仕事していただく時にやってることは

実はこんなところです。

 

ただ、、、

 

実際に一番大事なのは、

こういうところではなかったりします(笑)

結局は人と人!

実はここです、大切なのは(笑)

 

私の周りで外注さんに逃げられた!

と言う人に話を聞いてみると、

1点、大きな問題点を見つけました。

 

それは

【”仕事をあげてる”という意識を持っている】

という点です。

 

ある意味大事なことなんですが、

ある意味では致命的なことです。

 

無意識だったりするんですけど、

それでも外注ライターさんからすれば

同じことです。

 

実際にリアルビジネスと違って

実際に顔を合わせないからこそ

ライターさんの気持ちを、

より大事に扱うべきなんです。

 

ましてや、

自分ではやりたくない仕事だったり、

やらない仕事を代わりにやってくれてる

貴重なライターさんなのに、

”お金を払ってるんだからなんでもあり”では

ネットであろうが人は離れていきます。

 

なんだか人生論みたいになりますが、

こんな小さな世界の話でも、

【いつも感謝して尊重してくれる

この人のためならもっとやってあげたい!】

そういった循環を作って

仕事に携わってる全員が

気持ちよく作業できるように

努められるのが優秀な人です。

 

今後大きく稼いでいこうと思ってる方は、

こういう部分もとても大事になってきます。

 

ネットビジネスだからといって、

一人だけで完結できる範囲は限られてます。

 

ぜひ外注ライターさんの気持ちを

大事にしてみてください。

 

※日常のいろんな場面から、

ビジネスに応用できるマインドが勉強できたりします↓

ママさんバレーの人間関係から学ぶ稼げる人と稼げない人の違い!

 

まとめ

今日は、

外注ライターさんに逃げられない極意を

ご紹介しました。

 

私がやってる具体的な付き合い方も、

ごく一例に過ぎません。

 

クラウドソーシングを利用すると

本当に実感しますが、

恐ろしくいろんな人がいます(笑)

 

なんでこんな優秀な人が、

こんな単価で働いてるんだろう、

とか、中には正直

日本語が通じない人もいます。

 

なので、

一度実際にお仕事を募集して

ご自身だけのオリジナルな方法を

見つけてみてくださいね!

 

外注さんを上手に使うのは

大きく稼ぐ上で必須なので。

 

今日も最後まで読んでいただいて

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

*メールアドレス
*お名前(姓)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です