新サーチコンソールのFetch as Googleの使い方!インデックス登録方法!

*メールアドレス
*お名前(姓)

こんにちは!

ブログをする上で、早くインデックスして記事を見てもらいたい!と思う方がほとんどですよね。
ブログを始めてすぐの頃は、googleのインデックスがなかなかされないので、記事にアクセスが来ず、やきもきすることがあります。

Fetch as Googleを使用することで、自分のサイトを分析し、インデックスされているのかの確認や、インデックスのリクエストを行うこともできます。

今回は、新サーチコンソールでのFetch as Googleについて、使い方やインデックスの登録方法を説明していきます!
ゆっくりやっていくので、一緒に使ってみましょう^ ^

※この記事はシュナスタッフが執筆してくれています^ ^

Fetch as Googleとは?

『Fetch as Google』とは、Googleのサーチコンソールという無料ツールの一つです。

Fetch as Googleとは、

Fetch as Google ツールを使うと、サイト上で Google が行う URL のクロールまたはレンダリングの方法をテストすることができます。Fetch as Google を使用して Googlebot がサイト上のページにアクセスできるかどうか、ページのレンダリング方法、ページのリソース(画像やスクリプトなど)が Googlebot に対してブロックされているかどうかを確認できます。

引用:サーチコンソールサイト

とあります。

が、意味がちょっと難しいですよね^ ^

つまり、記事を書いてネットにアップした時、すぐにはGoogle上で検索しても出てきません。これを、『インデックスされていない』と言います。

記事がインデックスされるには、Googleの検索ロボットがサイトに来て、アップした記事の存在を知ってもらわないとされません。
インデックスされないと、せっかく自分のキーワードで検索されても読者の方が自分の記事に来ることはできません。検索結果に出てこないからですね^ ^

そのため、Fetch as Googleは、『早く検索結果に載せてください!』と検索ロボットに早くきて!とリクエストすることができるツールです。

特に、サイトを作ってすぐの頃は、ブログのドメインがまだまだ弱いので、なかなかインデックスされません。いつインデックスされるかは誰にも分からず、ほっておくといつまで経ってもインデックスされないこともあります。

それでは、特に速報の記事を書いた時など、遅れを取りますし、検索されても結果に出ないので、誰も自分のサイトに来てくれませんよね。

また、検索結果にインデックスされて表示されたとしても、1ページ目に行ってたくさんアクセスを稼ぐには、インデックスされてから1ヶ月くらいは時間がかかったりします。
ですので、早くインデックスされる必要があるわけです^ ^

そのため、Fetch as Googleを使って、早く検索ロボットに来てもらうのですね!

Fetch as Googleの登録方法!

『Fetch as Google』にアクセスしましょう!ゆっくり一緒にやっていきましょう^ ^

旧サーチコンソールを使っていた方は、左のメニューの『クロール』をクリックし、出てきた『Fetch as Google』をクリック。
新しいFetch as Googleにアクセスしないと使用できませんので、『Go to the Search Console』をクリック。

サマリーのページが出てきますので、左のサイドバーをクリックし、『URL検査』をクリックします。

すると、上部の検索窓にいきますので、そこに自分のアップした記事のURLを入力します。

すると、URL検査のページにいきます。
インデックスされていない場合は、『URLがGoogleに登録されていません』と出ますから、『インデックス登録をリクエスト』をクリックします。

テスト中の画面に変わります。テストには1分から2分かかる場合があります

写真が出てきますので、指示通りの画像を選択します。

この画面が出てくれば、完了です!

『完了』以外の表示(ステータスと言います)が出た場合、きちんとGoogleにインデックスできていませんから、こちらのサイトを見て、何に該当するのか調べ、対応してください。

ステータス一覧はここ!

新しいサーチコンソールを使用する場合

サーチコンソールからサイトに行くと、新しくなっていて画面が違いますので、今から説明しますね。

まずサーチコンソールにログインしましょう。

『Google Search Console』にアクセスします。検索する際は、『サーチコンソール』と検索すれば出て来ます。

そうすると、この画面が出てきます。

『今すぐ開始』をクリックします。

ドメインの画面になったら、のサイドバーをクリックして、②『プロパティを検索』をクリック、③下に出てきたサイトを選び、クリック。

サマリーのページが出てきますので、左のサイドバーをクリックし、『URL検査』をクリックします。

ここからは、先ほど説明したやり方と一緒です^ ^

まとめ

どうでしたか?サーチコンソールが新しくなったので、混乱するかもしれませんが、このやり方通りに進めば大丈夫です。

せっかく記事を書いても、インデックスされなければ検索結果に出てこないため、「記事を書いたらFetch as Google!」と習慣づけしましょう!

アクセスが増えてきたら、インデックスされるのも早くなりますが、そこまで行くには時間がかかります。必ずFetch as Googleを使用し、インデックスのリクエストをすることを忘れないようにしましょうね^ ^

*メールアドレス
*お名前(姓)

*メールアドレス
*お名前(姓)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です